見出し  竹炭について

京流風の竹炭は、あの発明王エジソンが電球のフィラメントを作る際の材料とした
「京都産の竹」を(孟宗竹)を原木として使用しています。
この竹を1000度以上の高温で焼き上げたもので、白炭のジャンルに入ります。
発熱量は木炭の4000`カロリーより倍近い7000`カロリーに達します。
そして木炭に比べて表面積が大きく、微細な穴(孔)がたくさんある多孔質です。
表面積は竹炭1グラムで700平方メートルあり、備長炭1グラムの300平方メートルを
大きく上回ります。また、熟練の技術が必要とされる土窯で時間をかけ丁寧に焼き上げて
います。竹も火も窯も全てが自然、自然と対話しながら「最高品質の竹炭」を熱意を持って作っております。
竹炭のもつパワーを毎日の生活に取り入れ、自然の治癒力を感じてみてはいかがでしょうか。

吸脱着効果

有害物質をしっかりつかまえ、浄化する効果。これによって、美味しい水を作ったり、室内の有害なホルムアルデヒドを取り除いたり金魚蜂の水を浄化したりできる。

遠赤外線効果

竹炭の出す遠赤外線による効果。風呂で入浴剤として使えば体が非常に温まり、料理の燃料として使えば強い火力と遠赤外線により、いっそう美味しい料理が作れる。

マイナスイオン効果

竹炭の出すマイナスイオンによって起こるリフレッシュ効果。竹炭を室内に置くだけで、森林などに多いといわれているマイナスイオンが室内に漂い、爽やかな気分を感じさせる。

温度調節効果

湿気の多いところに置くと吸湿し、乾燥したところに置くと加湿する効果。竹炭は温度に応じて内部に水分を貯めたり、貯めた水分を放出したりすることができる。

電磁波遮蔽効果

高温で焼かれた竹炭は電磁波をカットする効果がある。パソコンなどのOA機器の周りに置くことで、人体に有害な高電磁波をある程度遮蔽することができる。

消臭効果

室内・冷蔵庫・押入れ・下駄箱などに置いておくだけで、嫌な臭いや不快な臭いを取り除く事ができる。洗って、日光で乾かすだけで、長期にわたって利用できる。

天然ミネラル効果

竹炭内部に含まれているミネラルが溶け出すことによって、水をミネラルウォーターに変えることができる。ただし、一定期間使用するとミネラルは使い切られ、効果は失われる。

気を高めたり、
癒しを与える効果

枕や寝具に砕いた竹炭を入れることで安眠できるようになったり、子供を落ち着かせたり、やる気を引き起こすことができる。

活用方法はこちらから 竹炭活用方法へ

 

Copyright (c) 2008 竹炭工房 京流風 All Rights Reserved